JOMONずかん

鹿角製腰飾り

人骨の腰の辺りからの出土が多いために腰飾りと呼ばれています。特に男性の人骨とともに出土することが多いため、男性用の装身具として、穴に紐などを通して腰からぶら下げるように身に着けていたと考えられています。この鹿角製腰飾りは貝塚からほぼ完全な形で出土しました。

黒駒土偶

三角形の口、アーモンド型のつり上がった目、半円形の左右の眉毛がつながった部分に、小さな点で作られた鼻が施されています。猫の耳のように見えるのは、束ねた髪の毛を表現しているのだとか、顔に見られる線の表現は入れ墨を表現したものとも考えられています。

カックウ

大型の土偶で、中空土偶としては国内最大の土偶です。頭部の装飾と両腕が発見されていませんが(一応発掘した所の土は全てふるいにかけて探したそうですが見つからず)、全体像がわかり当時の精神性をうかがうことができます。

合掌土偶

膝を立てて座り祈るように手を合わせる姿勢を写実的に表現し、仮面を付けているとされる土偶です。赤彩がところどころ残り、壊れた足はアスファルトで補修したあとがある、他に出土したものと異なり唯一完全な形に復元できたという事をからもこの土偶が特別な存在だった事がうかがえます。

JOMONずかん

縄文文化や遺物をイラストを交えて紹介しています。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました