釈迦堂遺跡の土偶1116点

Do you have a question?

プロフィール

  • 愛称:「しゃかちゃん」「しゃっこちゃん」など
  • 出土地: 山梨県釈迦堂遺跡
  • 時期:縄文時代前期〜後期
  • 収蔵: 釈迦堂遺跡博物館
  • 指定区分: 重要文化財
  • 1116点中、前期7点、中期1108点、後期1点

概要

釈迦堂遺跡では、縄文人たちが作り出した30トンにも及ぶ土器や土偶が出土しています。 この内5,599点が国の重要文化財に指定されています。土偶だけでも1,116点もの数を誇り、1遺跡からの出土数としては、日本有数の出土数となっています。

出土した土偶を部位別に数えると、頭部が190点、胸部が168点、腕132点、胴から足にかけての部分が626点、見つかっています。

頭部の表現を見てみると、表情の可愛いらしいものから、人間離れしたようなものもあり、髪を結った表現や、耳飾りの表現も見れれます。胴や足の文様は衣服や刺青を表したものだと考えられています。
その全てが異なった形をしており、様々な文様が施されています。

また、中空の頭部に玉が入った、土鈴のような土偶頭部も見つかっています。

1116点の中には「しゃこちゃん」「しゃっこちゃん」などの愛称がつけられており、釈迦堂パーキングエリアでは石製のオブジェを見ることができます。

収蔵施設情報

釈迦堂遺跡博物館

〒405-0054 
山梨県笛吹市一宮町千米寺764
TEL: 0553-47-3333

参考リンク

甲州市WEBサイト

笛吹市WEBサイト

参考資料

「千百十六~釈迦堂の1116点の土偶たち」
(釈迦堂遺跡博物館開館30周年記念特別展図録)

公式Twitter