たそがれ土偶

Do you have a question?

プロフィール

  • 愛称:たそがれ土偶
  • 出土地:岩手県遠野市 夫婦石袖高野遺跡
  • 時期:縄文時代後期(4000年前)
  • 収蔵:遠野まちなか・ドキ・土器館
  • 大きさ:5×4センチ

概要

いわゆる体育座りのような姿勢、丸めた背中、腕に乗せた顎など、その醸し出す雰囲気から、誰が呼んだか「たそがれ土偶」。左腕は曲げて左ひざにつけ、右腕は両膝の上から左にぐっと差し出し、その手はスプーンかお玉のような形をしています。表面に模様はなく、きれいに平らにならされています。

手のひらサイズの可愛らしいこの土偶は、上半身と下半身が分かれた状態で出土し、接合されました。小さめのガラスケースで展示されているので、前からだけでなく横からも後ろからも見ることができます。

収蔵施設情報

遠野まちなか・ドキ・土器館

〒028-0524 岩手県遠野市新町 5-3
TEL 0198-62-7820
開館時間 10:00-16:00
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日休館) 年末年始(12月29日ー1月3日)
12月〜1月は土・日曜日も休館 入館料無料

参考リンク

公益財団法人 岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター

Twitterアカウント

遠野まちなか・ドキ・土器館