JOMONずかん

鳥さん土器

鳥の目とくちばしのような形をした「鳥さん土器」は、サイズもお茶碗くらいの大きさのかわいらしい土器です。 煮炊きなどの生活の道具ではなく、なにか特別な目的のためにつくられたのではないかと言われています。

赤色漆塗り櫛

日本の漆文化の成立を語る上で欠かせないのが、こちらの赤色漆塗り櫛です。 赤色漆塗り櫛が発見されたことで、およそ6000年前には既に高い漆工技術が存在していたという、驚くべき歴史的な事実が明らかになりました。

どばんくん(仮)

秋田のストーンサークルの人気者、どばんくん。 粘土で作られた平らな土製品のことを「土版」と言います。(「土板」と表記するのは誤りのようです) この土版についた表裏の穴を見ると、1から6までの数になっており、縄文時代の計算機だったのではないかという説もあるようです。

顔面付釣手形土器

長野県にある御殿場遺跡の竪穴式住居からみつかった土器です。 釣手土器の「釣手」とは紐を通して釣るための部分のことで、釣手の付いている上半部と円筒状の下半部に分かれています。

いのっち

イノシシの型をした土製品です。 狩猟採集生活をしていた縄文人にとってイノシシは身近な存在であったのでしょう。 このような猪形のものは北海道から関東の幅広い地域で出土しています。

加曽利E2式土器

千葉県千葉市の加曽利貝塚を標式遺跡とし、関東地方を中心に影響を与えた土器様式を代表する1点です。加曽利E式のEとは、発掘地点名を指します。 加曽利貝塚発掘調査の際に地層の上下がアルファベットで分けられていました。このうちB地点とE地点より発見されたことから、中期のものは加曽利E式、後期のものは加曽利B式と命名されています。

大木8b式土器

読みは「おおき」ではなく「だいぎ」と読みます。大木式土器は、大木1式から大木10式に分類されており、これはその中の一つである大木8b式に分類されます。 標式遺跡である大木囲貝塚(だいぎかこいかいづか)は、東京ドーム4個分もある貝塚で、塩釜湾を望む公園として現在でも公園内で貝塚の貝殻や土器片を見ることができます。

鼻曲がり土面

土で出来たお面、土面は、その半数以上が青森・秋田・岩手で発見されています。 この鼻曲り土面のような土面は全国で2020年現在、5点確認されており、鼻が左曲がりであること、人の顔に装着できるサイズであること、紐を通すためと思われる穴があいていることが共通しています。

ちびーなす

平成23(2011)年に行われた諏訪原遺跡の調査の際に出土したものです。 5.3cmというミニサイズながら、乳房と正中線、そして縄文時代中期に作られた中部地方特有の切れ長のつり上がった目、弓なりにつながった眉、下半身に刻まれた左右対称の模様を持っています。

子宝の女神ラヴィ

「子宝の女神 ラヴィ」という愛称は、ふるさと文化伝承館で実物を見学された方を対象に募集をし平成27年に決定したものです。「ラヴィ」はフランス語で「命」という意味です。同じ名前でキャラクターとしても展開をしていて、同年には土偶キャラ界の頂点を決める「全国どぐキャラ総選挙」で見事優勝、翌年には「ミュージアムキャラクターアワード2016」で京都国立博物館の「トラりん」に次いで全国2位に輝きました。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました