縄文後期

大石平遺跡の手形・足形付土版

一歳前後の子供の手や足を粘土に押しつけて焼いたとされている手形足形付き土版は、青森県大石平遺跡から出土しました。

伊勢堂岱遺跡のキノコ形土製品

キノコ形土製品はその名の通り、キノコの形をした土製品です。 似たような遺物に「スタンプ形土製品」があり、スタンプ形土製品の種類のひとつなのか、キノコそのものを模したものなのか、専門家の中でも意見が分かれるようです。

神立平遺跡の小型土偶

神立平遺跡の小型土偶は、粗製土偶と呼ばれる小型の山形土偶です。 見つかったSl11住居跡からはハマグリやシオフキといった貝類や魚の骨のほか、塩を作るための製塩土器などが見つかっています。

イカ形土製品(鐸形土製品)

イカ形土製品は、縄文時代後期の東北地方北部を中心に分布する土製品「鐸(たく)形土製品」を特殊化したものと考えられています。

日ノ浜遺跡のイノシシ形土製品

日ノ浜遺跡から出土したイノシシ形土製品は、イノシシの幼獣(ウリ坊)をかたどったと考えられています。 正面形から見ると三角形で胴は太く、脚は短くデフォルメされています。

元屋敷遺跡のミニチュア土器

ミニチュア土器は、その名の通り、手の平に収まるほどの小さな土器のことです。 普通の土器の特徴をまねした物が多く、丁寧に文様が付けられたものも多く存在します。

下宅辺遺跡の漆塗り弓

$(".basic-vote-button").click(function() { $('input:radio"]').val(); }); プロフィール 名称:漆塗り弓出土地:東京都東村山市 下宅部(しも...

法垣遺跡のガッキー

右目と鼻の周辺以外は欠損していますが、口を表現した部分も見られ、精巧な作りであることがわかります。 裏面の形状から、何かに貼り付けられていた、とも考えられています。

菩提横手遺跡の中空土偶

$(".basic-vote-button").click(function() { $('input:radio"]').val(); }); プロフィール 名称:大型中空土偶愛称:縄文のエンジェル出土地:菩...

戸井貝塚の角偶

函館の市街地から東部の恵山方面に向かう途中にあるのが、戸井地区。縄文時代の貝塚遺跡「戸井貝塚」から骨角器を中心とした出土品、合計514点が函館市指定文化財として新たに指定されました。銛先や釣針などの漁具や、髪飾りやビーズの装身具など多彩な内容。その中のひとつがユニークな姿の角偶(かくぐう)です。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました