ミス石之坪

プロフィール

愛称:ミス石之坪
出土地:山梨県韮崎市石之坪遺跡出土
時期:縄文時代中期・紀元前3000〜2000年
収蔵:韮崎市民俗資料館
大きさ:高さ12cm

概要

石之坪遺跡の竪穴住居内の貯蔵に使われたと考えられる穴の底から、凹石(くぼみいし)などの4点の石器と共に発掘されました。ていねいに磨かれたなめらかな肌を持つ土偶です。「美肌土偶」と呼ばれることもあるそう。頭部は中空で、胸部以下は欠損し、発見されていません。全体ではかなり大型の土偶であったと考えられます。

丁寧に作られた頭髪の表現、顔と体に精密に施された沈線文による模様が、縄文人たちの優れた造形力を感じさせます。また沈線文の一部から赤色の顔料が発見されていることから、元々は彩色されていたと考えられています。顔や体の模様は、入れ墨の表現とも衣服や装飾品の表現ともいわれています。

2016年の「縄文美土偶グランプリ」では並み居る国宝や重要文化財の土偶を押さえて2位を取得した、地元でも人気のある土偶です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f3e4f451bab7905f2a7d2eb439753eb0-580x121.jpg

収蔵施設情報

韮崎市民俗資料館
〒407-0004 山梨県韮崎市藤井町南下条786-3
TEL:0551-22-1696
http://niramin01.blog43.fc2.com/

参考リンク

ミュージアム甲斐ネットワーク
http://www.museum-kai.net/museum_home/52/item,84

参考資料

特別展 縄文 ―1万年の美の鼓動 図録 p256「土偶頭部」

プロモーション

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました