緑川東の大形石棒

プロフィール

名称:石棒
出土地:緑川東遺跡
時期:縄文時代中期末~後期
収蔵:くにたち郷土文化館
大きさ:長さ:103~113cm 幅:12~14cm

概要

2017年9月15日に国指定重要文化財に指定されたのがこちらの大形石棒です。
石棒は磨製石器の一種で、国立市の緑川東遺跡から出土した石棒は、安山岩系の石材が使われています。
子孫繁栄・豊穣を祈ったと言われる縄文遺物の中でも、男性を模したとされ、土偶と同じく祭祀の道具だったと考えられています。

極めて稀なことに、破損のない完全な状態のものが4本並べられた状態で発掘されました。
これらの石棒が発見された遺構は住居跡ではなく、床面に河原石が敷かれた敷石遺構と呼ばれるものです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f3e4f451bab7905f2a7d2eb439753eb0-580x121.jpg

収蔵施設情報

くにたち郷土文化館

〒 186-0011 国立市谷保6231
TEL:042-576-0211

参考リンク

くにたち郷土文化館・石棒HP

国立市教育委員会・文化財

参考資料

くにたち郷土文化館・石棒HP

Twitterアカウント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました